2018年10月11日木曜日

『娘が冷蔵庫を買い替えなさいというもので…』


 お得意様の持田さん(仮名)。

 携帯電話にコールが。

 持田さん「でんきやさん?ウチの冷蔵庫、娘がそろそろ買ったらどう?でんきやさんに相談してみなさいって…。」

 


 まちのでんきや「冷蔵庫ですか?後で廻りますね。」

 その日、約束の時間に訪問するも、持田さんはお留守のようで(後で確認して、チャイムが聞こえなかったということがわかりました)。

 翌日は日曜、休日で、ブログ担当、所用で県外にいました。

  

 持田さんから何回も携帯電話にコールが。

 どうしても電話に出られず、留守録を確認すると、

 『今日(日曜日)、午後1時にこられるというから、待っていたんですけど、もう3時になってるのに…まだこられないのでしょうか?』

 

 『えぇ?!今日訪問するなんて、約束してないんだけどなぁ~

 後で電話すると、持田さん「あら、約束してなかったかしら(笑)。」

 翌日、月曜、持田さん宅を訪問しました。

 すると、約束の時間に持田さんは不在でした。

 何度かチャイムを押し、待っていると、

 持田さん(外出先から帰られ)「あぁ~でんきやさん、お会いできてよかったわ。」

 

 持田さん「よくきてくださいました、テレビ診てください。」

 まちのでんきや「えぇ?!持田さん、冷蔵庫ですよね。

 持田さん「あ、そうやった、冷蔵庫、娘がそろそろ買えというもので…では、見てください。」

 まちのでんきや「持田さん、この冷蔵庫、11年経ってますけど、よく冷えてますよ。」

 

 持田さん「あら、ホント、娘がそろそろ買ったら?っていうもので。」

 まちのでんきや「持田さん、この『使わない』『入れない』ってなんですか?」

 持田さん「それは、娘が書いて貼ったものです。」

 そこは、自動製氷でできた氷が落ちる場所のようでした。

 推測ですが、氷を使わないのに、氷を作り、給水タンクが空になると、また給水して、氷が溢れるほどできてしまい、しまいには扉が開かなくなる。

 だから、使わない、入れない…というところでしょうか。

 

 もしかして、時々帰省されるご長女が、冷蔵庫の使い方で注意をされるので、それを買い替えなさいと勘違いされ、相談の電話をされたのかもしれません。

 普通なら、まだよく冷えている、11年ぐらいご使用の冷蔵庫なら、積極的には買い替えを促されないことでしょう。

 まちのでんきや「娘さんに私から連絡しましょうか?」

 持田さん「いえいえ、私から話しておきます。」

 できれば、連絡先をおしえていただきたかったのですが…。

 このお話、まだ続きそうです(また後日に)。


2018年10月8日月曜日

DVDプレーヤーの納品で ~すべてお任せ~


 お得意様の牧田さん(仮名)

 ブルーレイディスクプレーヤーを納品しました。

 

 納品後、取り扱い説明を。

 牧田さん「でんきやさん、前みたいにまた説明書き、書いてくれますか。」

 まちのでんきや「了解です。」

 家電品には取扱説明書がついていますが、それでもオリジナルの取説、よく手書きで作成することがあります。

 

 メーカーさんにお願い。

 あんな分厚い取扱説明書、わかりますが、どうか、当面使う最低限の機能を紹介した一枚物の取説を付属してもらえませんか。

 ないなら自分で作ろう、それがまちのでんきやというわけですが。

 

 それでも後日、お得意様から電話がかかってきます。

 牧田さん「この前のDVDですけど、まずどのボタンを押すんでしたっけ?」

 携帯電話にも。

 そのときのためにリモコンの画像撮影は基本です。

 外出先でリモコン操作の指南を。

 

 牧田さん「でんきやさん、ついでに携帯電話の使い方も。」

 電話帳登録の方法を。

 これもまちのでんきやあるあるです。

 牧田さん「へぇ~さすがはでんきやさん、なんでも知ってるんですね。」

 まちのでんきや「いえいえ、専門でもなんでもないですが(笑)。」

 

 以前お使いだったDVDプレーヤーが故障したため、今度はブルーレイディスクプレーヤーを。

 ブルーレイにまで対応していた方がいいこと、価格は1万円そこそこであることだけはお伝えして、後は、なにからなにまでお任せです。

 メーカーも、型式も、長期保証がついているかどうかも(5年保証にさせていただきました)。

 牧田さん「でんきやさん、信頼していますから、いい具合にお願いします。

 こんなやり取りができるのが、まちのでんきやのお得意様とまちのでんきやの関係性ならではです。


2018年10月4日木曜日

増えています…~LINE友達のお得意様~


 お得意様の米村さん(仮名)。

 照明器具のランプ交換に伺いました。

 まちのでんきや「米村さん、LEDにしましょうか?」

 一応提案はします(笑)。

 米村さん「いやいや、ワシら、先短いから、蛍光灯の交換でいいよ。」

 

 まちのでんきや「では、今度なにか不備が出た時、そうしましょう(笑)。」

 蛍光灯を交換されたとき、できれば、グローランプも一緒に交換してほしいのですが、そこまではされてないようでした。

 米村さん「でんきやさんがいてくれて、大助かりです。」

 米村さん、脚立に上り、トライされたようでしたが、どうしても一本だけ蛍光灯が点灯せず。

 

 米村さん「最近、脚立に上ると、フラフラするもので…。」

 確かにご苦労の跡がうかがえました。

 照明器具のセード(カバー)がしっかり装着されておらず、傾いているようでした。

 米村さん「いとも簡単にきびきびと作業されるんですね。」

 まちのでんきや「はい、でんきやですから。」

 「ハハハハハハ…。」

 

 (作業後)米村さん「お茶でも飲んで行ってください。」

 お茶をいただき、しばらく談笑を。

 まちのでんきやのミッションは、ここからが本題かもしれません。

 メインの仕事より、『その後』の方が時間的に長くなることが日常です。

 

 米村さん「でんきやさん、スマホわかりますか。」

 まちのでんきや「私でわかることなら…。」

 それから、しばらく、スマホの講師を。

 住所録の登録方法など。

 

 まちのでんきや「あ、米村さん、LINEされてるんですね、でしたら、ID交換しましょう。」

 米村さん「どうするんですか?」

 QRコードでチョチョチョイと。

 

 まちのでんきや「はい、これで完了です。」

 米村さん「あぁ、そうか、じゃあこれから、なにかあったら、LINEで用事を言えばいいんですね?」

 まちのでんきや「どうぞどうぞ!画像も添付してくださると、より助かります(笑)。」

 

 問題解決のキーマンと直接つながること。

 まちのでんきやのお得意様とまちのでんきやならではでしょうか。

 家電量販店やインターネット通販では、そうはいかないでしょう(笑)。

 お得意様のLINE友達、勢いよく増えています。

2018年10月1日月曜日

家電量販店の下請け業者に『施工できない』と断られ…


 お得意様の西口さん(仮名)。

 エアコンの取り替え工事をしました。

 

 地域の高齢者サポーターとして、高齢者宅を巡回するまちのでんきやですが…。

 西口さんは数少ない30代のお得意様です。

 その西口さんを紹介してくださったのも、30代の田川さん(仮名)でした。

 西口さん、実は、2年前、家電量販店でエアコンを購入されたのですが、工事屋さんが現場の下見に来て、『工事ができません』といって、帰られたとのことで、ショックを受けられました。

 巡り巡って、お声がかかったのが、まちのでんきやでした。

 

 確かに、マンションで構造上、梁が1メートル以上と長く、しかも配管が左出しなので、二人でも難解な現場でしたから、気持ちもわかります。

 が、仮にも、(新設ではなく)元々ついていたわけですから、『施工出来ない』とはどうしたものでしょうか。

 

 家電量販店とは、エアコン本体価格も、工事の価格も違う(高い)ことと、その理由を丁寧に説明申し上げました。
 
 ご納得いただいた上で、工事することになりました。

 

 梁が長いことをのぞけば、それほど難易度が高いわけでもなく、なんとか取り付けることができました。

 一つ、心配したのは、ドレン(排水)が機能するかどうかでしたが、試運転の結果、どうにか機能することが確認できました。

 

 ホッと一安心。

 西口さん、エアコンお買い上げ、ありがとうございました。

 ご紹介いただいた田川さん、ありがとうございました。


2018年9月27日木曜日

勝手口にLEDセンサー照明の取付


 お得意様の平田さん(仮名)宅で、電気工事と照明器具取り付けを。

 平田さんは、いつも勝手口から出入りされているのですが、夜の出入りが暗いとのことで。

 
 
 電気工事から。

 元々電気のきていないところへ、最寄りのコンセントから配線を。

 ないなら作ろう!それがまちのでんきやです。

 

 平田さんは70歳代前半、お一人暮らし。

 長年出入りしているので、世帯主はお義父様から長男さん、そして、今は奥様に。

 

 暗いのもなんですが、防犯のためにも。

 何度も訪問し、下見、打ち合わせ、それができるのがまちのでんきやです。

 
 
 夜に点灯具合を確認に行きました。

 まちのでんきや「あぁ、思ったより明るいですね。」

 平田さん「とっても明るいです。」

 

 暗くなると、2割の明るさで点灯し、人が近づくと100%に、また人が離れると20%に戻ります。

 定刻になると、消灯し、また人が来ると100%に。

 朝になると、またオフ状態に。

 

 平田さん、まちのでんきやをご指名、ありがとうございました。

 まちのでんきやは地域の高齢者サポーターです。
 
 子世代の方からも、ご指名が増えています^^

2018年9月24日月曜日

(電気ケーブルの引き込み用)ポール移動工事で~日頃の定期訪問から~


 お得意様の平井さん(仮名)。

 フェアのご招待状をお届けに伺ったときのこと。

 まちのでんきや「平井さん、(電気ケーブルの引き込み用)ポール、だいぶん錆びてきましたね。」

 

 平井さん「あら、ホントやね、自分の家なのに、全然気が付かなかったわ。」

 まちのでんきや「ところで、なんでポール、玄関の真ん前にあるんですか?」

 平井さん「なんででしょうね、もう何十年も前、嫁いできた時からなので、なぜかといわれると(笑)。」

 

 まちのでんきや「当店でポールの建て替えもできますので、ご希望の際はお知らせくださいね。」

 平井さん「あら、そうなの。」

 そういえば、この位置にポールがあることで、車庫に車を入れる際、窮屈だったような気も。

 (後日)

 平井さん「でんきやさん、この前お話をしてた件だけど、建て替えしてもらおうかしら。」

 

 というわけで、建て替えすることになりました。

 ついでに場所も移動することに。

 
 (工事が完了)

 (さらに後日)

 訪問すると、平井さん「でんきやさん、この前工事してもらって良かったわ。」

 数日前、台風21号が日本列島を縦断し、大阪府を中心に甚大な被害が。

 平井さん「(午後)6時頃、ここ大変だったんです。ちょうどマンションとマンションの間で、地響きがするほど…。」

 まちのでんきや「そうだったんですか、ポールは1m以上土に埋まっていますから、めったなことはないでしょうけど…。」

 

 平井さん「いえいえ、もし大丈夫だったとしても、移動してもらって、安心しました。」

 まちのでんきや「そうですか、そう言っていただけると。」

 

 平井さん「もう主人も娘たちもいないから、私一人だけだし、そんなに改修する値打ちもない家だけど、それでもまだ10年は生きているでしょうから(笑)」

 まちのでんきや「なにをおっしゃいますか!まだまだ20年、30年、人生100年時代ですから(笑)。家電もお願いしたいですし(笑)。」

 「ハハハハハハ…。」

 

 フェアのお届け時、巡回がてら、世間話からの工事実施でしたが、日頃の接触機会があったからこその展開ということになるでしょうか。

 まちのでんきやは用事があってもなくても、定期的にお得意様宅を訪問します。

 まちのでんきやですから^^

2018年9月20日木曜日

トイレの開閉機能が故障して…困ったことに…


 お得意様の庄司さん(仮名)。

 トイレの便座、フタ共、閉まらないとのことで電話が。

 それは、人の出入りを検知すると、自動で開閉する便利な機能でした。

 が、その便利な機能が仇となり、不便を被るという事例でした。

 訪問すると、確かに便座が閉まりません。

 旦那様はともかく、奥様はなすすべがありません。

 

 訪問し、電源リセット(コンセントプラグをコンセントから抜き、また入れ直す)をすると、閉まるボタンで一時的に回復はしました。

 ところが、そうこうしているうちにまた便座が閉まらなくなります。

 庄司さん「ホントに困ったもんだ。」

 メーカーさんに電話すると、修理代は安い温水洗浄便座なら、購入できるぐらいの金額を指導されました。

 庄司さん「そんなことなら、いっそ買おうか…。」

 ところが…。

 件の便座、購入当時の最上位機種で、自動開閉にリモコン(便器)洗浄機能などが搭載されおり、高額な品でした。

 しかも、トイレのクロスを貼り替えした際、リフォームの監督さんが、半ば強引にオススメし、勢い余って、つい購入してしまったと庄司さん。

 

 庄司さん「あの時、どうしてそんな高い品をよく確認もせずに買ったんだ、俺に相談すればよかったのにと息子にこっぴどく叱られて…。」

 修理するにしても、安価なものを入れるにしても、そのときのことがトラウマになっているのか、正直申し上げて、庄司さん、思考が混乱されておられるようでした。

 まちのでんきや「どこの業者か覚えていらっしゃらないんですか?そうすれば、なにか打開策があるかもしれませんので。」

 庄司さん「それが覚えてなくて…。」

 現状は、押すも引くも、さらに混乱を招くリスクがあったので、とりあえず、便座の開閉機能を解除し、手動で開け閉めしていただくよう、ご説明してさし上げました。

 万一、また開け閉めができなくなったときは、電源リセットの方法も説明を。

 

 庄司さん「面倒だなぁ~。おい、(奥様に)聞いておきなさい。」

 奥様、トイレにきて、旦那様の説明を聞いていたのですが、いつものように用を足す姿勢をイメージすると、

 庄司さん「おいおい、便座が閉まってないんだから、座ったら落ちてしまうじゃないか!」

 (うわ、これは大変かも…)。

 今さら言っても始まらないのですが、(手前味噌ながら)顔見知りのまちのでんきやが存在していたら、強引に商品をオススメすることも、どこで取り付けしたかも覚えていないというようなことはなかったかもしれません。

 このエピソード、まだ続きがありそうです。

2018年9月17日月曜日

困った時のまちのでんきや ~ファクシミリを購入したけど、インタホンがつながらない~


 お得意様の山崎さん(仮名)。

 ファクシミリを購入したとのことで、取付をされたそうですが…。

 

 実は、インタホンと接続されていることを後で気付き…。

 困っている矢先、知人の川室さん(仮名)から、

 「まちのでんきやさんに頼んでみたら?」

 
 
 訪問すると、フリマアプリで購入されたらしいインタホンのセットも。

 まちのでんきや「これ、電話会社系のインタホンなんですけど、間違いない品ものでしょうか。」

 フリマアプリで購入されたということは、恐らくどなたかがご使用されていたのでしょうから、間違いはないでしょうが…。

 

 70歳代、女性お一人暮らしの山崎さん、ファクシミリが欲しいと思っていた所、娘婿さんが助言してくれたそうです。

 が、娘婿さん、接続をトライするも、配線のゴチャゴチャやらで、挫折されたとのこと。

 

 まちのでんきや「あ、でも、娘婿さん、よく勉強されてますよ。このチョイスは間違ってませんから。」

 とりあえず、これまで使っていた電話機はインタホン専用として使い、電話回線からは切り離しました。

 ファクシミリは電話とファクシミリとして。

 

 山崎さん「あ、そんな手があるんですか!さすがでんきやさんね。これからまたなにか困ったことがあった時、よろしくお願いしますね。」

 高齢女性のお一人暮らし、日々困りごとが。

 そんなときは、まちのでんきやという手があります!

 その日に聞いて、その日に訪問。

 それが、まちのでんきやです。


2018年9月13日木曜日

来客対策にテレビドアホン


 お得意様の矢田さん(仮名)。

 ファクシミリとテレビドアホンをお買い上げいただきました。

 
 (ファクシミリ)

 ファクシミリは不要とのことでしたが、コピーができるとご説明したところ、こちらにてご成約。

 
 (テレビドアホンの玄関子機)

 玄関前のセンサー付き照明と合わせて、『安全グッズ』として、備え付けたい家電です。

 ファクシミリとテレビドアホンが連動しているため、ファクシミリの子機もインタホン機能としてお使いいただけます。

 
 (テレビドアホンのモニター親機)

 ナンバーディスプレーのご契約をされていないとのことで、ご提案、契約に至りました。

 電話会社にまちのでんきやが電話、本人確認をお得意様にお願いしました。

 そこまでするのがまちのでんきやです。

 

 過日、手帳の電話帳をファクシミリに登録しました。

 電話帳のすべて、56件を登録。

 ちょっとした工事並みの時間を要しました。

 
 (56件転送しました)

 親機に登録した電話帳をすべての子機へ転送。

 家電のご購入のみならず、工事、設定、アフターフォローまで。

 インフラと安全安心をもセットでサポートができるのが、まちのでんきやです。

 ぜひ、お近くのまちのでんきやを検索ください^^ 



2018年9月10日月曜日

高齢者住宅へテレビのメンテナンスに(続編)


 お得意様の関本さん(仮名)。

 高齢者施設に入られ、テレビ、冷蔵庫他をお買い上げいただき、配達しました。

 そのテレビ、リモコンが効かないとのことで訪問。

 

 テーブルが邪魔をして、信号が届かないようです。

 高齢者施設に家電メンテナンスで出向く

 先日紹介したまちでんブログの記事で、『後日補修に…』としていましたが、その続編。

 
 (高さを確保するための家具を調達し、テレビの下に設置しました)

 オリジナルなので、採寸し、ホームセンターへ走りました。

 

 地震がきても、バラバラっとならないように、補強も。

 

 テレビも飛んで行かないように。

 

 これで、テレビの高さを確保できたので、リモコンもスムーズに効くようになりました。

 関本さん「ありがとうございます、お陰様で。」

 高齢者住宅に引越しされると、それ以来、お声がかからなくなることがありますが、考えてみると、住まいが変わっただけで、壁やハードルが現れたわけではありません。

 今まで通り、気軽にお声をかけていただければ。

 どこでも飛んで行きますよ!

 それがまちのでんきやです。